きっとあしたはいいてんき

ママ歴 10数年!子育てや日々のできごとをつづります!

ストマ閉鎖後、傷口の経過

 

 

 

ストマ閉鎖の手術から半月ほど経っています。

 

 

 

【入院中】

特に化膿することもなく、順調でした。

 

でも、回診で先生が傷口の確認と洗浄をするときは、ピリッと痛みが走るし、

自分でシャワーを当てるときもビクビクしながら意を決して、という感じでした。

 

決して痛みに弱いわけではないのですが、

この類いの痛みはかなり苦手です。

…というより、これから痛みがくるって分かってるときの、ビビリ方が大袈裟なのかも。。

 

 

 

【退院翌日】

傷口というより、その周りの中の方で縫ってる部分がかなり痛みました。

入院中にこのような痛みがなかったので、焦りました。

退院を焦りすぎたかな、と思いましたが、とりあえず痛み止めを飲んで様子をみていたところ、痛みが落ち着いてきました。

 

 

 

【退院2日後】

昨日の痛みは落ち着きましたが、傷口の中を見てみると、赤みを持った部分が昨日より大きくなってる?

熱は出てないし、痛みも落ち着いてるけど、この傷口の状態が正しいのか自分では分かりませんでした。

 

 

 

【退院3日後】

やっぱり何かおかしいなと思い、不安になっているより診てもらおうと思い、ちょうど主治医の先生の外来担当日だったので、病院へ。

予約外で診てもらいました。

 

傷口を糸で縫い合わせた部分が少し状態が悪くなっていたようで(自分でははっきり見てないので、説明しにくいですが…)、

本来なら溶ける糸なのでそのままにするんだと思いますが、チョキンチョキンと糸を切ってもらいました。…結構痛かった(>人<;)

 

この調子だと傷口が治るまでかなり時間がかかりそうなので、来週もう一度傷口の状態を確認して、場合によってはVAC療法をするか考えましょう、と言われました。

通常は入院中にする治療法のようですが、いまは外来でもできる機械が出ている、とのことでした。

 

※VAC療法

 (陰圧閉鎖療法

 傷口にスポンジのようなものを詰めて、保護材で覆い、機械を付けて滲出液を吸い取る方法。

(あくまで先生から聞いたことを私のイメージで表現したものです)

 

 

【退院1週間後】

先週、糸の処置をしてもらってから、滲出液が減ってきたような感じでした。

 

再度病院を受診すると、主治医の先生と一緒にストマケアの専門の看護師さんも来てくれていました。

 

傷口を確認すると、糸を切った部分が深くなっていて、機械を付けるには深すぎる、ということでした。

結局、現状では洗い流してガーゼを貼る、というのが最善でしょう、ということになりました。

 

 

【退院10日後】

ここ2日くらいで色々な痛みがだいぶなくなり、家族からも元気になったと言われました。

 

外来の予約日だったので、受診すると、傷口も良い方向に向かっているとのことでした。

通常は1か月くらいで傷口が閉じる人が多いけど、それよりは少し時間がかかるでしょう、と言われました。

今はまだ、この傷口が本当にキューっと閉じていくのだろうかと不思議なくらい開いていますが、だんだんと閉じていくそうです。

人間のからだってすごいですね。

退院後のトイレ事情〜ストマ閉鎖〜

 

 

人工肛門閉鎖術後、退院して数日経ってのトイレ事情です。

 

退院した翌日の夜、それはそれは大変でした。

 

23時〜深夜2時頃まで11回。。

 

最後は下痢。

 

眠いのに布団に入るとすぐにトイレ🚽

 

次第にお尻が悲鳴をあげ、最後は半分泣いてました。

 

これが「壮絶な排便障害」ってやつだな、とかなりへこみました。

 

これに耐えられなくて人工肛門に戻す人がいる、っていうのも妙に納得できて、

自分はこの先どうなっちゃうんだろう、って不安に。

 

深夜2時、っていうのも、その不安に拍車をかけたんだと思いますが…

 

 

なるべく負担をかけないよう、おしりふきでおさえるようにふいたり、

 

泡のサニーナを使ったりしていますが、

 

それでも痛いものは痛いです。

 

 

 

それから約1日半はほぼ排便なし。

 

そのあと、また頻便→最後は下痢。

 

3、4日に一回くらい下痢になるパターン?

 

あー、お尻痛い(>人<;)

 

 

傷口の診察に行ったときに先生に出してもらった「ミヤBM」を飲み始めたので、少しでもひどい下痢が解消されたらいいなと思っています。

退院〜人工肛門閉鎖〜

 

 

 

血液検査とレントゲンを済ませ、傷口を診てもらい、OKが出たので、

術後6日目で退院となりました。

 

退院後は、自分で傷口の洗浄をして自然にくっついていくのを待ちます。

 

今回の手術は創感染がいちばん心配される合併症だったので、とりあえずここまでは順調にきています。

 

消化器系の病気で入院しているので仕方ありませんが、

今回の入院はご飯(低残渣食)がなかなか喉を通らず苦戦しました。

消化の悪い食材が使えないので、常食にくらべて種類が少なく思います。

それにプラスしてどんぶりのお粥…

おいしくご飯が食べられるって本当に幸せだと思います。

 

しばらくは無理せず、ゆったりと過ごします。

術後5日目〜人工肛門閉鎖〜

 

 

 

気づくと朝の5時過ぎでした。

 

夜中に便意が襲ってくるかとドキドキしていたので、

朝まで眠れたことに安堵しました。

 

しばらくして2回トイレへ。

 

2回目はまあまあな量が出て、なんだかお尻がすっきりでした。

 

この日はこの2回だけ。

 

出なきゃ出ないでちょっと心配に。

 

ペースがつかめるまで、探り探りですね。

 

 

 

先生が回診にきて、傷口は順調とのこと。

 

明日には退院できそうです。

術後4日目〜人工肛門閉鎖〜

※排便障害の内容になりますので、いやな方はスルーしてくださいね

 

朝起きると、昨日までのおならとは違う感覚が襲ってきました。

 

??

と思ってトイレに行くと、

 

ついに、

 

便が。

 

と言っても、ほんの少しだけ。

 

やっと開通したー!

 

回診にきた先生にもご報告(^^)

 

お尻をキュッと締めて多少の我慢もできたし、

これからこんな感じなのかな

 

 

 

…と思っていたのも束の間。

 

お昼頃、それはやってきました。

 

 

はい、ラッシュです💦

 

秒で襲ってきます。便意が。

 

しかも、便なのかガスなのか、はっきり

区別がつかないんです。

 

お昼ごはん〜2時半くらいまで9回駆け込みました。

 

 

あー、これが排便障害ってやつかぁ、

これから激務になるであろうお尻さまに

エールを送りたい気分になりました。

 

 

この日一日の排便回数は15回なので、

術後すぐとしてこれは想定の範囲内なんでしょうね。

術後3日目〜人工肛門閉鎖〜

 

 

 

血液検査やレントゲンを受け、異常なし。

 

やっとガスも出るようになり、パンパンだったお腹が少し楽になってきました。

 

一歩ずつ進んでます。

 

 

午後、意を決してシャワー室へ。

 

まともに傷口を見るのも初。

 

ドキドキ。

 

でも、洗い流さないと。

 

えいっ👀

 

…うわ〜、こんな感じかぁ

 

ほんとにきんちゃくの口みたいに縫ってある。

 

予想通り、生々しかったけど、足がすくむほどではなくちょっと安心しました。

 

弱めのシャワーで流し、ひと段落。

 

久しぶりのシャワーでだいぶ体力使いました。

 

入院中は本当に体力がすぐ落ちちゃいます。

 

 

術後2日目〜人工肛門閉鎖〜

 

 

 

傷口キレイだから今日からシャワーいけるね〜、と先生から言われた朝。

 

最近の流行りらしい縫い方(きんちゃくの口のような)で縫合してもらっていて、

わざと傷口が開いています。

 

入院前からこのことが一番気がかりで…

 

息子のすり傷見ただけでも、お尻のあたりがゾワゾワしてしまう私なので💦

 

そこにシャワー当てるなんて!とかなりびびっておりました。

 

看護師さんに、シャワーこわいです〜と軽く訴えてみたものの、、

洗い流さないと膿んできちゃうからね〜と

さらっと流されました(汗)

 

結局この日は微熱があったので、髪の毛だけ看護師さんに洗ってもらい、傷口はベッド上で洗浄してもらいました。