きっとあしたはいいてんき

ママ歴 10数年!子育てや日々のできごとをつづります!

あのとき

 

乳がんであることが分かったとき、わたしの子どもは5歳と2歳でした。


これから先どうなってしまうんだろう?
来年は生きてるのかな?
子どもたちはどうするの?


様々な感情がごちゃまぜになって、
色んなことが目まぐるしく動いた一年でした。

 


もともとわたしは、決してポジティブな
考えの持ち主ではなく、
多分ひとりだったらどん底まで落ちて
いたと思います。


幸い、旦那さんがスーパーポジティブな人で
わたしの病気が分かったときも、

 

「いま見つかったなんて奇跡」


と言っていました。


〝がんになったのに奇跡って…〟


とそのときは思ったのですが、
のちのち、彼は本心でそう思っていることが
分かり、私の気持ちをどん底に行く前に
救ってくれたことは本当に感謝しています。

 


病気になって5年以上経ちますが、
良いこともたくさんありました。


物事に対する考え方が変わったことが
一番大きいと思います。


告知後から治療中にかけて、病院内で
カウンセリングを受けていたのですが、
だんだんと自分の考え方が変わっていくのを
実感していました。


小さなことにも感謝するようになりました。


きれいごとではなく、病気になったことは
悪いことばかりじゃないと本当に
思っています🌈