きっとあしたはいいてんき

ママ歴 10数年!子育てや日々のできごとをつづります!

川崎病

 

下の子が幼稚園に入る数ヶ月前、1ヶ月半ほど入院していたときがありました。

 

はじめは、風邪のような症状で、
首が少し腫れているなぁと思いながら、
近所の小児科に行きました。


先生は、これは、、と思ったようで、
すぐに総合病院に行くよう言われました。

 

 


受診したところ、診断は「川崎病」。

 


何それ、って思いました。

 


調べてみると、首のリンパが腫れるのも
症状のひとつでした。

 


すぐに入院でした。

 


高熱がずっと続き、本当にかわいそうでした。

 


川崎病は、心臓の冠動脈にも影響が出ることが
あり、エコーなども受けていました。

 


入院して何日目だったか、カンファレンス
ルームに主人とともによばれました。

 


「心臓のエコーの結果なんですが…
  心房中隔欠損がありますね」

 


えっ??

 


重症の川崎病に加え、偶然見つかった
心房中隔欠損

 


何が何やら、
今こうして書いていても
あーあのときよく頑張ったな、と思う

波乱の毎日でした。